ブログ

2019.08.01更新

 

梅雨が明けて、一気に暑くなってきました・・・・

毎年、ニュースになるのが熱中症です。人だけでなく、ワンちゃんでも熱中症はとても危険ですuun

外の外気温が32℃でも地面に近いワンちゃんは36℃以上になります。あと湿度が高い時も注意です! 

その他にも、心臓に問題があったり、鼻が短い短頭種、肥満、高齢の子は要注意です。hand閉め切った車なども暑くなって危険なので、気をつけてくださいねburn

 

 

 

 

 症状としては、過度にハアハアしていたり、よだれを垂らしている場合は可能性があります。

(ひどい場合は立てなくなったり、痙攣などがみられることもあります)

 

 

1

 

 

体温が40度を超えていて、熱中症の可能性がある場合は、様子を見ないですぐに冷水などで体を冷やして病院で診てもらいましょう。

熱中症は死亡率が4割近いという報告もあるくらい緊急の状態です。bibibi

 

 

 

予防としては、

cloverお散歩は涼しい時間帯に行く

clover芝生や土の上を選ぶ

clover水分補給をこまめにする

cloverお家でも風通しを良くし、暑い日の室温は26℃以下にする

 

 

などが有効です。

夏休みなどで普段よりも愛犬に触れ合うことができる方もたくさんいらっしゃると思います。

熱中症に気をつけて、飼い主様もワンちゃんも健康にお過ごしくださいnico

 

entryの検索

カテゴリ

飼い主さまのよき相談相手として

千葉市中央区、若葉区近郊でペットのご相談ならかそり動物病院へ

  • tel_043-234-8857.png
  • メールでのお問い合わせ
  • tel_043-234-8857_sp.png
  • メールでのお問い合わせ
staff staff blog