ホーム > お口のトラブル

お口のトラブル

お口のトラブル

ペットが元気に過ごすためにはお口の健康がとても大切

ワンちゃん、ネコちゃんにとって、食べることは生きるための基本であり、大きな楽しみのひとつ。
かそり動物病院ではそう考えています。
ペットたちが元気に暮らしていくためには、お口の健康がとても重要です。
そこで、かそり動物病院では、ワンちゃん、ネコちゃんのお口の健康をしっかりサポートしています。

歯周病

子どもと犬

飼い主さんがヨダレの多さや、口臭で気付くことの多いのが、ワンちゃん、ネコちゃんの歯周病です。
その他の症状として、触られるのを嫌がるようになった、痛そうにしている、食が細くなった、食べにくい様子などが見られたら、歯周病であることが多いです。

歯周病は歯石や歯垢が溜まり、歯ぐきに炎症を起こす病気です。
人間の場合、歯周病が腎臓病や心臓病といった疾患の原因のひとつであることが最近わかってきています。
そこで、ワンちゃん、ネコちゃんにも同様のことが起こると考えられます。
ところが、人間と違ってワンちゃんやネコちゃんの場合、お口の診察と処置はそう簡単にはいきません。
軽い症状のうちは、デンタルケアだけで治療が可能ですが、ひどい場合は、深い麻酔をした上で歯石除去を行う必要があります。
深い麻酔にはリスクがあるので、できれば早めにご相談ください。

歯石除去を行った後や、軽い症状の場合は、デンタルケアで治療していきます。
デンタルケアは難しいとお考えの方もいらっしゃいますが、時間をかければ嫌がられずに行うこともできます。

ご相談いただけたら、デンタルケアのトレーニング方法を出来ることからアドバイスいたします。
オヤツを使って口を触られることにまず慣れさせて、歯にタッチできるようにしていきます。
徐々にケアできるようにしていくので時間はかかりますが、ワンちゃん、ネコちゃんに負担がなく、効果が高いためおすすめしています。

乳歯遺残

犬

永久歯が生えてきているのに乳歯が抜けないことが、乳歯遺残です。
小型犬に多くみられます。
乳歯が残っていると、口に違和感があり負担がかかります。
また乳歯と永久歯との間に食べかすが詰まりやすく、歯周病になりやすくなります。

早急な処置は必要ありませんが、避妊手術のときに残った乳歯をついでに抜いてしまうことをおすすめしています。
これでしたら、麻酔が1回で済むため、リスクがそれだけ下がります。