ホーム > 去勢・避妊手術について

去勢・避妊



去勢・避妊の手術について

よりリスク(危険性)の少ない手術で飼い主さまの不安を解消します。

どんな手術であっても、かわいいワンちゃん、ネコちゃんが受けるとなれば、飼い主さまの心配はさまざまあると思います。
かそり動物病院では、飼い主さまの不安をできるだけ解消し、よりリスクの少ない手術ができるようにしています。

犬と猫

当院では、どんな手術でも事前に血液の凝固検査を必ず行います。
もし血液が凝固しなければ、軽い手術であっても命にかかわります。
きちんと事前に調べて、手術を行いますのでご安心ください。
また、手術の際には麻酔が不可欠ですが、麻酔にはリスクがあります。
そのため、麻酔のリスクについてもわかりやすく丁寧にご説明しています。

さらに、かそり動物病院ではオプションをいろいろ用意しています。
血球計算・生化学検査など9種や6種の検査を行って、手術前にしっかり状態を調べておくことで、よりリスクを軽減することが可能です。
麻酔から覚めたときに見えるところにいてあげたいという飼い主さまのために、ご要望があれば手術の立ち会いをすることもできます。
不安、ご要望がございましたら何でもご相談ください。

去勢・避妊手術について

手術台

去勢や避妊の手術を行うことで、さまざまなリスクを減らすことができます。
ワンちゃん、ネコちゃんは、性別にかかわらず6ヶ月以降のなるべく早い時期から去勢・避妊手術を行うことをおすすめしています。
もちろん、自然のままにしたい、子どもをつくってほしいという飼い主さまのご希望がある場合には、無理におすすめはいたしませんのでご安心ください。

また、去勢・避妊手術をすると発情シーズンがなくなります。
穏やかに過ごせるので脱走も少なくなり、交通事故に遭うといったことも防げます。
特に避妊手術は、ワンちゃん、ネコちゃんに多く発生する子宮や乳腺の腫瘍リスクを大幅に下げることができるので、初回のシ-ズンが来る前にしておくことをおすすめしています。

成長度合いは、個々のワンちゃん、ネコちゃんによってかなり違うものです。
家族に迎えたら、まずはご相談にいらしてください。
健康状態や成長の様子をしっかり見せていただいて、いつごろの手術が最適かアドバイスいたします。