コラム

2016年3月27日 日曜日

ロキソニン

人間の鎮痛剤として、広く使われている『ロキソニン』 
大変効果的なお薬で、私も先日歯痛 crying の時お世話になりました。



「ロキソニン」の使用上の注意に、「重大な副作用」として小腸・大腸の閉塞・狭窄などが追記されることになったというニュースが、ネットで話題になっているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00010000-bfj-soci

お薬の副作用についてですが、よく追記ということはありますがこれは我々医療関係者が知っておいた方がよい情報です。

今回のロキソニンの件ではあまり神経質にならない方がよさそうです。重大な副作用=副作用が起きる可能性が高い ということではないのです。


さて、この『ロキソニン』ですが、飼い主様の判断でワンちゃん、猫ちゃんに投与してしまうことがございますが注意が必要です。

まずこのお薬は、あくまで人間用で犬猫には許可が下りていないお薬です。
またこのお薬では腎臓病や出血、嘔吐、潰瘍など起こす可能性があります(というより安全性が全く保障できないお薬です)のでお勧めしておりません。

その他人間の血圧の薬や、風邪薬であっても中毒や副作用が出ることも予想されますsign01

飲ませたり誤飲してしまったりした場合は、薬の成分や飲んだ量、時間などの情報をかかりつけの獣医師に伝えアドバイスを仰ぐのが最善と思います。


また現在では比較的安全に投与できるdogcatの鎮痛剤が各種メーカーから出ております。これらは獣医師から処方されるものです。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 かそり動物病院